RPA NEXTは、Vade Secureと販売代理店契約を締結し当社が提供するMicrosoft 365向けAI搭載メールセキュリティサービス「Vade for M365」の販売を開始いたしました。(製品紹介ページ)

製品特徴

  1. 既存システムの変更が不要
    「Microsoft 365」との API ベースの統合により展開が可能なため、MXレコードの変更やシステムインテグレートなど既存システムをに手を加える必要がありません
  2. エンドユーザーの負担なく「Microsoft 365」と一体化した多層防御を実現
    従業員の「Outlook」に対するユーザー体験を損わずに、EOP(Exchange Online Protection)に追加する形で導入できるため、EOPだけでは検出できない未知の脅威に対しても高い精度で検出が可能になります。
  3. AIエンジン搭載で未知の脅威にも対応
    「Vade for M365」は1日に1,000億件以上のメールをスキャンし継続的に学習をすることで、フィッシング、マルウェア、スパム、スピアフィッシングなどのあらゆる種類、かつ未知の脅威にも対応します。

「Vade for M365」導入によるお客様のメリット

弊社のお客様のうち多数を占めるMicrosoft製品を利用する企業においては、弊社が提供・支援するRPAによる業務改善に加えて、システムの変更を伴わずにメールセキュリティの強化を実現することができます。

製品紹介ページはこちら

By Comments off 2023年2月16日