小林 隆洋

TAKAHIRO KOBAYASHI

現在日本の労働市場は労働人口の減少が大きな課題となっており、その上で労働者の価値観の多様化や労務問題などから「働き方改革」に取り組む企業も増加しています。RPA NEXTはこの全く逆説的な、しかし根底は同じ部分でつながる問題に対し、RPA(Robotic Process Automation)による業務自動化の概念を通じて企業の課題解決をサポートし、人に新しい働き方を提案します。

RPAは日本において認知、拡大が進んでいる新しいソリューションです。
現在は大商業地域における大手企業の検討・導入が進んでいる状況ですが、RPA本来の概念を鑑みれば中小企業や地方都市において活用されることで、日本経済の維持や人材の就労増など様々な面でメリットを生み出せるサービスだと考えております。

RPA NEXTはRPA市場全体のサポーターとして「インフラ」の役割を目指し、既存で展開されているRPAのさらにその先「NEXT」に向けて、より多くの方に本サービスをご活用いただけるよう努力してまいります。

小林 隆洋

TAKAHIRO KOBAYASHI

現在日本の労働市場は労働人口の減少が大きな課題となっており、その上で労働者の価値観の多様化や労務問題などから「働き方改革」に取り組む企業も増加しています。RPA NEXTはこの全く逆説的な、しかし根底は同じ部分でつながる問題に対し、RPA(Robotic Process Automation)による業務自動化の概念を通じて企業の課題解決をサポートし、人に新しい働き方を提案します。

RPAは日本において認知、拡大が進んでいる新しいソリューションです。
現在は大商業地域における大手企業の検討・導入が進んでいる状況ですが、RPA本来の概念を鑑みれば中小企業や地方都市において活用されることで、日本経済の維持や人材の就労増など様々な面でメリットを生み出せるサービスだと考えております。

RPA NEXTはRPA市場全体のサポーターとして「インフラ」の役割を目指し、既存で展開されているRPAのさらにその先「NEXT」に向けて、より多くの方に本サービスをご活用いただけるよう努力してまいります。